パソコンを使う仕事でできた目の下のクマを最速で消す方法

パソコン業務で目の下にクマができた

 

仕事中はほとんどパソコンを使っています。そのためか、疲れ目、肩こりがひどく、目の下にはクマと小ジワが目立つようになって来ました。

パソコンを使う仕事でできた目の下のクマを最速で消す方法

 

今まではクマを消すためにコンシーラーを使っていたのですが、小ジワが目立つようになってからは、ファンデがヨレてしまうのでコンシーラーを使うのは止めました。今は、下地も兼ねてカバー力のあるBBクリームを使っていて、目の下には叩きこむように重ねづけをしています。

 

朝はこれでクマは目立たなくなるのですが、夕方になると目の下が茶色くなって疲れた顔になってしまいます。

 

仕事を辞めるわけにも行かないし・・・何か良い方法がないか模索していました。

 

ブルーライトと目の下のクマ、意外な関係

 

パソコンやスマホなどの画面からはブルーライトという光が出ていて、それが疲れ目の原因になるといいますよね?目が疲れると、目の周りの血行が悪くなるので、肩こりやクマができやすいと聞いたことがあります。

 

でも、眼精疲労だけがクマや小ジワの原因なのかなぁ・・・と疑問に思っていたので調べてみたんです。すると、ブルーライトの影響って疲れ目だけじゃなさそうなことが分かりました。

 

驚くことに、ブルーライトって紫外線に似た光らしいんですよ!

 

ブルーライト研究会のホームページから、図をお借りしてきました。

 

パソコンを使う仕事でできた目の下のクマを最速で消す方法

 

光を周波数で表しているのですが、ブルーライトは紫外線と少しダブっていますよね?このダブっている部分の紫外線ってUV-Aなんです。

 

調べてみると、UV-Aというのは皮膚の奥に届いて、シワやたるみの原因になる紫外線だということが分かりました!

 

日焼け止めのPA+はこのUV-Aの影響を防ぐ働きのことなんですね。

 

パソコンやスマホを使っていると目が疲れるだけじゃなくて、紫外線も同時に浴びているなんて・・・。小ジワが目立つようになった原因はこれだ!と思いました。

 

以前、ブルーライトを遮断するパソコンメガネを買ったけど、メガネそのものに慣れていないので、ついつい仕舞ったままになっていました。あわてて取り出して使うようにしました^^;

 

同僚たちも目の下のクマに悩んでいた

 

ブルーライト対策はパソコンメガネでやることにして一安心しました。

 

でも・・・すでにできてしまったクマは消えないんですよね。みんなどうしているのかな?と思って、お昼休みに同僚たちに聞いていました。

 

すると、口には出さなかったけど、みんな悩んでいるんですね。中にはゴールデンウイークに、美容皮膚科でヒアルロン酸注射を打ったという人もいました。「そういえばずいぶん長く休んでいたよね」なんて、今更ながらみんなに言われていましたよw

 

それはともかく、32歳の先輩・・・年齢的には上の方なんですけど、彼女のクマがほとんど目立たないことにみんなの注目が集まりました。

 

「やっぱりヒアルロン酸注射ですか?それともボトックス?それとも・・・」と、この時ばかりは我を忘れて詰め寄ってしまいました。

 

先輩のキレイのヒミツはアイクリームだった!

 

その先輩は、「アイクリームを使っているだけよ(^o^)」と、こともなげに言うんです。

 

たったそれだけで目の下のクマと小ジワを消せるのなら「やってみよう!」とみんなが言い出して、先輩は笑っていました。でも、私たちは本気です!w

 

先輩が使っているのと同じアイクリームを使いたいと思って、ついでに教えて貰いました(^^)

 

それはアイキララと言って、外からうるおいを与えてその場しのぎするだけのものじゃなくて、肌の中でコラーゲンを増やすので根本的にクマや小ジワを消すものだって言うじゃないですか!やっぱりこの先輩は只者じゃない!なんて、みんな尊敬の眼差しで見ちゃいました(笑)

 

さっそくそのアイクリームを取り寄せました!

 

まだ使い始めたばかりですが、すでに小ジワは目立たなくなりました!クマはまだありますが、きっと消えると信じて使っています。

 

パソコンを使う仕事でできた目の下のクマや小ジワを解消するアイクリーム