クマが気になって人の目をまともに見られなかった私がすっかり開放されたワケ

目元のクマが気になって、人の目をまともに見られなかった

 

クマが気になるようになったのがいつからか思い出せないほど・・・少なくとも中学生の頃にはすでに目元のクマが気になっていました。

 

ちょうど思春期ということもあって、私にとっては目元のクマがコンプレックスになってしまったのです。そして、いつしか、人を見るとき、その人の目の下ばかりをついつい見てしまい、まともに目を見て話すことが出来なくなってしまいました。

 

目元のクマが出来る原因は、疲れているからだとか、血行が悪いからだなどと言われます。そういう理由でできる人もいるのでしょうが、私のように生まれつきの体質、骨格によってクマができる人はとても多いのです。

 

子供のころから目の下にクマがあって、ずっと気にしている

目元を見て、「寝不足なの?」「疲れているの?」と言われることが多い

マッサージやホットタオルを使ってもクマがとれない

目元のクマを治したいけど、手術するのはイヤ

効果がすぐになくなる、一時的な対策はもうやり尽くした

 

ひとつでも思い当たることがあったら続きを読んで下さいネ。これから書く記事は、お役に立てる情報満載ですから(^^)

 

今すぐクマを改善するアイクリームはこちら

 

「疲れているからクマが出る」わけではない

 

クマが出ていると、その見た目から、どうしても疲れた印象を与えてしまいます。そのために、疲れているから、寝不足だからクマができると思われてしまうのです。見た目と原因は必ずしも同じではないのに・・・

 

もしもクマができる原因が疲れや寝不足なら、ひたすらゆっくり寝れば消えるはずですよね?本当にそうならどんなに楽なことでしょう!

 

でも、クマができる本当の原因は、親から受け継いだ骨格だったり、皮膚の薄さだったり、眼窩脂肪という目の周りの脂肪の付き方だったりするのです。ですから、どんなに寝てもクマは消えないのです。

 

クマが悪化する3つの原因を知ろう!

 

クマができやすい生まれつきの要因はどうしようもありませんが、これ以上悪化させないためには、どうしたら良いのでしょうか?

 

紫外線を避ける

 

クマを悪化させる一番の要因は紫外線です。

 

クマが気になって人の目をまともに見られなかった私がすっかり開放されたワケ

 

紫外線を浴びると、肌の中で活性酸素が作られます。この活性酸素が肌を老化させる大きな原因となるのです。

 

活性酸素の影響で生じるトラブルは、シワやシミ、くすみなどがあげられます。さらに、紫外線を浴びたことでメラニンも生成され、さらなるシミやくすみの原因になります。

 

乾燥した肌はツヤやうるおいが失われますから、それだけでもくすんで疲れた印象を与えますね。紫外線はもっとも大きな肌トラブルの原因です。帽子や日傘を使っても、アスファルトやビルの壁などの照り返しがありますから、必ず日焼け止めを使うようにして下さい。

 

間違ったセルフケアをやめる

 

クマを改善する方法として、マッサージが有効だと言われることが多いので、セルフケアをしてクマを改善しようとする方がとても多いです。でも、これはとても危険なことです。

 

クマが気になって人の目をまともに見られなかった私がすっかり開放されたワケ

 

目の周りの皮膚は、他の部分よりも薄く、およそ4分の1の薄さだと言われています。そのために、こすったり、マッサージをするとその影響をとても受けやすいのです。さらに、目の周りには眼輪筋という眼球を支える筋肉があって、皮膚が薄いために間違ったマッサージをしてしまうと、筋肉を直接傷つけてしまうこともあるのです。

 

マッサージだけでクマが治ることはありませんので、危険なセルフケアはしないようにしましょう。

 

加齢によって皮膚痩せが起きる

 

紫外線や間違ったセルフケアは避けることができますが、加齢は避けることができません。3番が一番やっかいですね(><)

 

それでなくても薄く作られている目元の皮膚ですが、加齢によって、皮膚内部のコラーゲンが減少するために、皮膚痩せ(菲薄化=ひはくか)が起きるのです。

 

そのために、薄くなりハリを失った目元の皮膚は、眼窩脂肪というクッションのように眼球を支えている脂肪を支え切れずに、目元にたるみや影を作ります。これが黒クマとか、影クマと言われるものです。

 

皮膚痩せを食い止める方法

 

皮膚痩せが加齢によって起きるからといって、あきらめる必要はありません。

 

皮膚痩せの原因が、コラーゲンの減少にあることが分かっているのです。それは、つまり、コラーゲンを増やすことができれば皮膚痩せを食い止められる!さらに、皮膚痩せを改善することもできるということですよね?

 

皮膚の中のコラーゲンを増やす美容成分を調べたところ、聞き慣れない成分がいくつか見つかりました。さらに、調べるとビタミンCが皮膚の中でコラーゲンの生成を助けることが分かりました。

 

でも、ビタミンCはとても不安定な物質なので、化粧品にそのまま配合することはできません。そのために、皮膚に吸収されてから、皮膚内部でビタミンCに還元されるビタミンC誘導体を使っている化粧品がほとんどでした。

 

ビタミンC誘導体にも種類があって、新しく開発されたMGAというビタミンC誘導体が皮膚内部でのビタミンC還元率が一番高いことが分かりました。ここで、はっきりしたのは、加齢による皮膚痩せをふせぐだけでなく、改善することさえ可能になるのです!

 

攻めのエイジングケアができるってことですね!

 

MGAを配合して皮膚痩せにアプローチできる商品はアイキララというアイショットクリームがあります。

 

クマが気になって人の目をまともに見られなかった私がすっかり開放されたワケ

 

アイキララは、毎日朝晩2回塗るだけで目元ケアが完了します。わずか2週間でその効果を実感できるので、使い続けると生まれつきの肌の薄さによるクマにも期待できそうです!

 

もうクマを気にしない!朝晩2回塗るだけで皮膚痩せにアプローチするアイクリーム