目の下の茶クマを消す方法。茶クマが消えて明るい目元が戻った♪

目の下の茶クマを消す方法

 

人の第一印象は目元で決まると言われます。

 

それは、人の顔を見るとき、最初に見るのが目だからです。目の下にクマがあるだけで、暗い印象を与え、実年齢よりも老けて見られるのはツライですね?

 

クマには、青クマ、黒クマ、茶クマの3種類があり、それぞれに見え方もできる原因も違います。

 

ここでは茶クマを消す方法を書きますが、その前に他のクマについても少し説明しましょう。まず、青クマができる原因は血行不良です。色白の方で、余り血行の良くない血管が透けて青っぽく見えるのです。黒クマは目の大きい方に多く見られ、加齢によって皮膚がやせてたるむことによってできた影のことです。

 

そして、茶クマは目の下の皮膚に色素沈着が起きている状態です。見分け方は、他のクマが皮膚を引っ張ったり上を向いたりすると消えるのに対して、変化がないのが茶クマです。

 

茶クマを悪化させない方法と解消方法

 

こすらないようにする

 

皮膚は「こする」刺激に非常に弱く、色素沈着の原因になります。

 

花粉症などのアレルギーで目が痒くなると、無意識にこすっていることがありますので注意が必要です。こすると、皮膚の表面にある角質層が傷つき、ますます刺激を受けやすくなりますので、アレルギーを悪化させることにもつながります。

 

紫外線を浴びない

 

肌にとってはこすることと同じかそれ以上に大きな刺激となるのは紫外線です。紫外線を浴びると、肌内部に活性酸素が発生します。そして、活性酸素の攻撃を受けた肌内部には「酸化」と言われる現象がおきます。酸化はくすみとなって現れます。

 

さらに、紫外線を浴びたことによってメラニンが生成され、シミやくすみの原因となります。そして、紫外線によって傷ついた肌は、角質層が剥がれ落ちたり隙間ができたりして、肌内部の水分が失われ乾燥肌になります。

 

乾燥肌になってしまうと、肌は固く小ジワができやすくなるのです。

 

出かけるときには必ず日焼け止めを忘れないようにして下さい。

 

美白化粧品を使う

 

色素沈着を改善するために美白化粧品を使うのはいいですね!

 

よく使われる美白成分は「ビタミンC誘導体」です。ビタミンC誘導体は、皮膚の内部に取り込まれた後で、ビタミンCに変化するものです。

 

どうしてこんな面倒なことをするのかというと、ビタミンCはそのままでは非常に不安定な物質なんですね、さらに、肌に吸収されにくいのです。ですから、外から補おうとしても通常のビタミンCのままでは補うことができません。

 

そのために、ビタミンC誘導体が開発されました。何種類かあるビタミンC誘導体ですが、その中でもMGAという新しい成分が最もビタミンCへの還元率が高くなっています。
ビタミンCは、美白効果だけでなく、肌のコラーゲンを増やすので非常に薄い目元の皮膚がハリを取り戻すお手伝いもします。

 

目元専用の美容成分ハロキシルを配合したアイクリームを使う

 

ハロキシルというフランスのゼダーマ社が開発した目元専用の化粧品原料があるので、ご紹介しますね。ハロキシルというのは、目元の消しゴムと言わるほど茶クマにアプローチできる美容成分です。

 

ハロキシルは手作り化粧品に使われることもある成分ですが、市販のアイクリームにはまだ余り配合されていません。

 

強力なビタミンC誘導体のMGA、そして、目元ケアのために開発されたハロキシル、これらの成分を配合したアイクリームは、調べた中ではアイキララだけでした。

 

目の下の茶クマを消すアイキララの口コミ