目の下のクマを隠すコンシーラーの色選び、絶対間違えないポイントはこれ

目の下のクマの種類とコンシーラーの色選び

 

目の下にクマがあると、それだけで老けて見えてしまいます。ですから、コンシーラーを使って目立たなくする方が多いのですが、色選びを間違えるとかえってクマを目立たせてしまうことになりかねません。

 

クマの種類とコンシーラーの色の関係を知っていれば、目立たずにクマを隠すことができます。

 

目の下のクマを隠すコンシーラーの色選び、絶対間違えないポイントはこれ

色には赤、黄色、青と三原色がありますよね?この三原色がお互いに少しずつ融け合って変化する「カラーサイクル(色相環)」があります。光の三原色ではなくて、絵の具の三原色のほうです。

 

もっと細かいカラーサイクルがあるのですが、余り多くない方が見やすいのでこちらを使って説明しますね。

 

コンシーラーを選ぶときに参考にして頂きたいのは、クマの色と反対の色のコンシーラーを使うことです。

 

青クマにはオレンジ系

 

例えば、青クマにはオレンジのコンシーラーが良いと言われますが、それは、青の反対色がオレンジ色だからです。

 

でも、実際には人によって青の色が違うわけですね?ですから、一口にオレンジと言っても人によって微妙に色目が違うわけです。

 

それを、雑誌やネットで見かけた色そのままに使っても、逆に浮いてしまってクマが目立つ結果になりかねません。

 

茶クマにはグリーン系

 

茶色は赤から紫にかけての色目が暗くなたものなので、反対色は緑色~黄色になるのです。赤みが強いようなら、グリーン系、それほどでもなければイエロー系と別れます。

 

黒クマを隠す色はない

 

黒には反対色がありません。

 

でも、それ以前に黒クマは皮膚に色がついているのではなくて、黒っぽく見える影がクマとなって現れている状態です。ですから、色を乗せても影を消すことはできないのです。

 

対策としては、パール系のハイライトを目の下に薄く入れて目元を明るくすることです。そうすることで、黒クマが目立ちにくくなります。

 

クマを消すにはリキッドタイプのコンシーラーを

 

目の下の皮膚は他の部分よりもずいぶん薄くできています。そのために、コンシーラーを使うときにも厚塗りにならないように注意が必要です。

 

スティックタイプのコンシーラーの方がカバー力がありますが、つけ過ぎるとすぐにヨレてしまいます。ですから、カバー力はスティックタイプよりも多少劣るものの、リキッドタイプのコンシーラーを使った方が失敗がありません。

 

コンシーラーは、ファンデーションのタイプによって、使うタイミングが変わります。パウダーファンデーションを使っているようでしたら、コンシーラーは、ファンデーションの前に使います。リキッドタイプのファンデーションを使っていたら、コンシーラーは、ファンデーションの後で使います。この順番を間違えるとキレイに塗ることができませんので注意して下さい。

 

使い方は、リキッドタイプのコンシーラーを、目の下にちょんちょんと置いて行きます。一度にたくさんつけるのではなくて、点々と置くことで伸ばしやすく、ムラになるのをふせぐことができます。

 

コンシーラーを伸ばす時には、薬指の腹を使って、力をいれないでトントンと優しく叩いて伸ばします。皮膚はこする刺激にはとても弱いので、決してこすって伸ばすことはしないで下さいネ。

 

コンシーラーをつけた後は、パウダーで軽く押さえておきましょう。こうすることで、コンシーラーが肌に馴染んで目立ちませんし、化粧崩れを防ぎます。

 

クマ専用のコンシーラー

 

難しい色選びの必要のないクマ専用のコンシーラーがあります。

 

アイプリンは、コンシーラーでありながらもクマの根本原因にアプローチするアイクリームでもあるという画期的な商品です。

 

エクササイズやアイクリームを使ってもクマが完全に消えるまでには時間がかかります。

 

その間、コンシーラーとしてアイプリンを使えば、アイクリームとコンシーラーを使う必要がありませんね。

 

アイプリンには全額返金保証がついていますが、ちょっと変わっています。

 

それは、100日間使ってみて気に入らなければ4回分の代金を全額返金しますというもの。

 

コンシーラーはすぐに効果がわかりますが、アイクリームは3~4ヶ月は使ってみないとわからないからということです。

 

これは相当自信があるってことですよね?

 

だって、4回分全部タダになっちゃうんですから!

 

コンシーラーとアイクリームがひとつになったアイプリンを試してみる!

 

 

化粧直しをするときのポイント

 

目元の皮膚は、まばたきなどでよく動かしますから、化粧崩れしやすい場所でもあります。化粧直しはどうしていますか?

 

できれば、乳液をコットンに染み込ませたものを使って、目の下のメイクを落としてから新たにメイクし直すようにします。というのは、クマが目立つからとコンシーラーを塗り重ねてしまうと、逆に目立ってしまいます。皮膚が薄い目元はメイクの厚塗りは厳禁ですから、気をつけて下さいネ。

 

目元のクマを消すことに特化したアイクリームでクマそのものを消す

 

いろいろ試してもなかなか消えない手強いクマには、専用のアイクリームがオススメです。

 

クマができる原因はさまざまですが、すべてのクマに共通しているのは、「皮膚痩せ」と言われるものです。それは、加齢とともに皮膚内部のコラーゲンが減少して皮膚が薄く痩せてしまうことを言います。

 

⇒皮膚痩せに着目し、目の下のクマを消すアイクリーム

 

10993