目の下の茶クマを取る。二度と茶クマを作らないケア方法

目の下の茶クマを取って、さらに再発をふせぐ方法

 

目の下のクマには、茶クマ、黒クマ(影クマ)、青クマの3種類があります。その中でも、茶クマは比較的取りやすいクマです。というのは、茶クマは原因が肌そのものにあるからです。スキンケアをキチンとすれば取ることのできるクマなのです。

 

目の下の茶クマを取る。二度と茶クマを作らないケア方法

 

それなのに茶クマが改善しないのは、行っているスキンケアの方法が合っていないからです。

 

茶クマは色素沈着が原因だからと、美白化粧品を使っているだけでは茶クマを消すことはできません。なぜなら、茶クマの原因は単純な色素沈着だけではないからです。

 

ここからは、茶クマの原因と効果的なスキンケア方法をご説明します。

 

皮膚が乾燥している

 

目の下の茶クマを取る。二度と茶クマを作らないケア方法

 

皮膚は乾燥すると、自らを守るバリア機能が低下して、紫外線などの刺激に過敏に反応するようになってしまいます。

 

その結果、活性酸素が発生して肌内部のタンパク質が酸化してくすみがでます。さらに、メラニンが生成されるために、肌表面に色素沈着が起きるのです。

 

ですから、最初にやらなければならないのは、肌の保湿です。スキンケアは保湿力の高いものを選ぶようにして下さい。とくに化粧水はたっぷりと、できれば2度3度重ねづけするとより効果的です。

 

クレンジングや洗顔が間違っている

 

目の下の茶クマを取る。二度と茶クマを作らないケア方法

 

アイメイクは通常のクレンジングや洗顔では落としきれないことが多いので、無理に落とそうとしてこすってしまうことが良くあります。

 

肌は化粧水や乳液を付けるときにこするだけで刺激となるのに、界面活性剤や強い洗浄剤が入ったクレンジングや洗顔料をつけてこすることは、肌にとっては考えられないくらいの刺激になります。

 

最近は、モコモコ泡さえできれば良いと、洗浄剤や発泡剤をたくさん使った石鹸が多く出回っていますので、泡立ちだけで石鹸を選ぶのは危険です。モコモコ泡は立たなくても、汚れがキチンと落ち、洗いあがりがしっとりするものを選んで下さい。

 

できれば、クレンジングはW洗顔不要のクレンジング剤を使って、肌に負担をかけないのがベストです。

 

アイメイクが落としきれていない

 

案外多いのが、アイメイクが落としきれていなくて目の周りに色素沈着が起きてしまうことです。

 

アイメイクはポイントリムーバーとコットンを使ってキチンと落とすようにしましょう。

 

とはいえ、ポイントリムーバーも肌にとっては負担になりますから、茶クマが解消するまでの間は、できれば落としにくいアイメイクは避けた方が無難です。

 

アイクリームを使っていない

 

茶クマに悩みながらもアイクリームを使ったケアをしていない方が多いですね。

 

通常のスキンケアにアイクリームを足すだけでクマケアができるのですから、面倒くさがらずに使ってみて下さい。アイクリームを使うのと使わないのとでは茶クマの消え方に雲泥の差が出ます。

 

ただアイクリームを使えば良いというのではなく、茶クマを消すためには美白成分と保湿成分が十分な量配合されていて、即効性のあるものを選びたいものです。

 

私が調べた限りでは、アイキララという製品がもっとも茶クマに効果的です。

 

目の下の茶クマを取る。二度と茶クマを作らないケア方法

 

というのは、美白効果に定評のあるビタミンC誘導体のMGAを配合していること、さらに、目の周りの消しゴムとも言われるハロキシルというフランスで開発された原料を配合しているからです。

 

美白成分といえば、ハイドロキノンが有名ですが、ハイドロキノンは紫外線があたると逆にシミができてしまうという副作用があります。MGAは副作用は全くなく、その上、美白効果はハイドロキノン以上とも言われています。

 

さらに、ビタミンC誘導体は肌内部のコラーゲンを増やす働きがありますから、肌にハリを与えると同時に保湿力も高めます。

 

目元専用に作られたアイクリームならではの実力は使ってみなければ分かりません。もしも、効果を実感できなければ返金もしてもらえますので、一度試してみてはいかがでしょうか?

 

速攻で目の下の茶クマを消すアイクリーム