不健康に見える上に10歳も老けて見える目の下のクマが消える!

不健康に見える上に10歳も老けて見える目の下のクマが消える!

不健康に見える上に10歳も老けて見える目の下のクマが消える!

 

「疲れてなんかいないのに!」

 

クマがあるというだけで、どんなに丁寧にメイクしても実年齢よりも老けて見られる。合コンに誘われても、本当は行きたいけど・・・つい消極的になってしまう。

 

鏡を見るたびに、このクマを消すことさえできれば・・・そう思いますよね。

 

高いアイクリームや美白化粧品を使っても消えなかったクマ、コンシーラーで隠したはずが、時間が経つと余計に目立ってしまうクマ。

 

どんなに努力してもクマが消えなかった理由が分かりますか?

 

それは、クマに適切に作用するアイクリームがなかったからです。ただそれだけ。

 

間違ったアイクリーム選びと、間違った目元ケア

 

不健康に見える上に10歳も老けて見える目の下のクマが消える!

 

まずは、クマの種類とそのクマができるメカニズムを見ていきましょう。

 

目の下の皮膚に指をあてて、軽く押し下げてみて下さい。これで、クマが消えたり、位置が動いたらあなたのクマは青クマです。

 

鏡を上に持って来て、見上げて見て下さい。これでクマが消えたら、あなたのクマは黒クマです。

 

皮膚を引っ張ったり、上を向いても消えないクマは茶クマです。

 

それぞれのクマができるメカニズム

 

青クマができるメカニズム

 

通常、血液は赤い色をしていますが、血流が悪く血液中の酸素量が減ると暗赤くなります。目の下の皮膚は元々薄いのですが、皮膚痩せが起きてさらに薄くなると、この血管がすけて見えるようになります。

 

原因は、血行不良と皮膚痩せです。

 

黒クマができるメカニズム

 

加齢で皮膚がたるみ、皮膚痩せによって目のくぼみが目立つようになると、目の下に暗い影が現れます。これが、黒クマができるメカニズムです。

 

また、眼輪筋が衰え、さらに目の下の皮膚がハリを失うと眼窩脂肪が前面にせり出して目袋が出現します。

 

茶クマができるメカニズム

 

紫外線やストレスが肌の刺激となって活性酸素を発生させ、活性酸素から皮膚細胞を守るためにメラニンが生成されます。そのために色素沈着が起き、目の下の皮膚がくすみます。

 

さらに、痒みがあってかいてしまったり、クレンジングや洗顔、スキンケアをするときに肌をこすることでも色素沈着が起きます。

 

これらが原因で起きる色素沈着が茶クマです。

 

間違っていたアイクリーム選び

 

それぞれのクマにそれぞれの原因はあるけれど、一人の人に1種類のクマしかできないことは稀です。

 

それなのに、1つのクマだけにアプローチするアイクリームを使っていても完全にクマを消すことはできないのです。

 

さらに、ハリをもたらすためにコラーゲンを配合した化粧品を使っても、一時的にハリを感じることはあっても、持続することはありません。

 

不健康に見える上に10歳も老けて見える目の下のクマが消える!

 

それは、コラーゲンを補うだけで、壊れてしまったコラーゲン繊維を再生するものではないからです。

 

本当にハリを取り戻すためには、皮膚そのものがコラーゲンを生成する力を補わなければならないのです。

 

本来、アイクリームは全てのクマにアプローチできるものでなければならないのに、多くのアイクリームはハリと保湿ばかりに着目して来たのです。

 

これでは複合的なクマが消えるはずがありません。

 

間違った目元ケア

 

充分な睡眠を取ることを心がけて来ました。しかし、睡眠でクマが消えることはありませんでした。それは、クマがあるために疲れて見えることから、充分な睡眠がクマに効果的だと思われているだけだからです。

 

睡眠不足が原因ではないのに、疲れているわけでもないのに、クマを消すために睡眠時間を伸ばしても何も変わらないのです。

 

マッサージもしました。目元の血行をよくするのにはマッサージが効果的だと思われているからです。

 

しかし、間違ったマッサージはクマを悪化させます。さらに、それまではなかった色素沈着がおきることもあります。

 

ホットタオルも試しました。ホットタオルは肌を乾燥させることを知らずに、続けていたために、小ジワがふえてしまうこともあります。

 

これら、間違ったアイクリーム選びと間違った目元ケアによって、消えるはずのクマは消えることなく、ますます悪化してしまいます。

 

クマを消す3つの成分を配合したアイクリームがついに誕生!

 

不健康に見える上に10歳も老けて見える目の下のクマが消える!

 

一口にクマと言っても種類があることが分かりました。しかも、1種類ではなく、何種類かのクマが同時にできていることもあります。ですから、アイクリームを選ぶときには、全てのクマ、そして、小じわにも対応できるものを選びたいものです。

 

コラーゲンの生成を促し、ホワイトニングもできるMGA、目元の消しゴムと言われるフランスで開発された目元専用の美容成分ハロキシル、塗った部分の血管の血流を改善するKコンプレックス。

 

それぞれに実力が認められた美容成分であるために、同時に配合されることのなかったこれら3つの美容成分、その全てを配合したアイクリームがついに誕生しました。

 

もっと早く使いたかったオールマイティなアイクリーム

 

今までの悩みをウソのように消し去り、消極的だった私の人生をかえてくれたアイクリームをご紹介します。

 

不健康に見える上に10歳も老けて見える目の下のクマが消える!

 

MGA、ハロキシル、Kコンプレックス、これら全ての有効成分を1本のアイクリームに詰め込んだ商品。それがクマ専用に開発されたアイキララです。

 

わずか2週間でどんなクマも消すアイキララ

 

不健康に見える上に10歳も老けて見える目の下のクマが消える!