青クマを消す方法はこれ!コンシーラーで隠せない青クマ退治はこれ

青クマの原因は一つではなかった

 

まず、目の下にあるクマが本当に青クマかどうか調べてみましょう。

 

目の下の皮膚を指でそっと押さえて下に引っ張ってみて下さい。それで消えたり、位置が変わるようならほぼ間違いなく青クマです。

 

次に念のために鏡を上に持って見上げてみて下さい。目の下に光が当たりますね?それで消えなければ、そのクマは青クマです。もしも、上を向いて消えるようでしたら、皮膚のたるみや骨格の影がクマのように見える影クマとか、黒クマと言われるものです。黒クマに関してはこちらに書いています⇒黒クマを消す方法

 

ここでは、青クマについて説明します。

 

コンシーラを使った上手な青クマの消し方

 

青クマを消す方法はこれ!コンシーラーで隠せない青クマ退治はこれ

今はコンシーラーで隠していますか?コンシーラーは、パウダーの前につけるのは知っていますよね?ファンデーションがパウダーファンデーションなら、ファンデーションの前に、リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションを使っていたら、ファンデーションの後、プレストパウダーの前に使います。

 

コンシーラーは厚塗りにならないように、手の甲の親指の付け根あたりに出して、少し温めてから指で軽くトントンしながら叩き込むようにして付けます。一度で隠そうと思わないで、少しずつ様子をみながらつけると失敗しないでつけられます。

 

最後にコンシーラーの周りを伸ばして境目が目立たないようにしておきましょう。こうすると肌に馴染んで綺麗につけることができます。

 

ここでは、最終的に青クマそのものを消す方法を書いていきますが、その前に、青クマができる原因を簡単に書きます。

 

 

青クマができる3つの原因

 

青クマができる原因は下記の3つです。

 

①眼精疲労がある

 

青クマを消す方法はこれ!コンシーラーで隠せない青クマ退治はこれ

パソコンやスマホを使うことが多いと眼精疲労になることは、多くの方が実感として知っていることですね?意外に知られていないのが紫外線が目にとっては大きなストレスになることです。

 

紫外線の影響は日焼けだけではありません。特に、ドライアイになっていると目の表面で紫外線をブロックすることができないので、大きなダメージを目に与えます。紫外線をカットするメガネやサングラスを使用して、紫外線から目を守るようにして下さい。

 

②血行不良

 

血行が悪くなると、本来は赤いはずの血管が暗赤色になります。この血管が肌を通して青黒く見えるのです。

 

だからといって、目の下の血行だけをよくすることはできません。目の下にあるのは毛細血管ですが、全身の血行が良くないために、毛細血管の血行が悪くなるのです。

 

蒸しタオルやマッサージで効果が現れにくいのはこのためです。

 

③皮膚が薄い

 

目の下の皮膚は他の部分よりもずいぶん薄くできています。これは、目を動かしやすいためで仕方のないことです。問題は、この薄い皮膚がさらに薄くなることです。年齢にもよりますが、皮膚内部のコラーゲンやエラスチンといった肌にハリをもたらす成分が減ってくると皮膚はさらに薄くなります。

 

皮膚の厚みには個人差がありますので、年齢に関係なく生まれつき皮膚が薄い人も血管が透けて見えやすくなります。

 

さらに、色白の人は、白いワンピースを来たときに下着が透けて見えるように、血管も透けて見えやすくなります。

 

次に、それぞれの原因の対処方法について説明します。

 

青クマができる3つの原因それぞれの対処法

 

眼精疲労を解消する方法

 

もっとも重要なことは、眼精疲労にならない目の使い方をすることです。

 

パソコンやスマホ画面をしばらく続けてみたら、一度目を上げて遠くをみるようにしましょう。

青クマを消す方法はこれ!コンシーラーで隠せない青クマ退治はこれ

 

目を思いっきり閉じて、パッと見開くことも目の疲れを取るのに効果的です。

 

さらに、眼球を動かすことで眼輪筋のストレッチになります。最初にゆっくり左右、上下に動かします。そして、左→上→右→下→左と大きくゆっくり目を回します。逆回転もして下さいね。1日3セットほどで眼輪筋がほぐれて目が楽になりますあ。

 

日頃からほうれん草やブロッコリーなど、ルテインが豊富な緑黄色野菜を摂るように心がけましょう。ルテインを摂ることで目のピントを合わせる力が増強します。

 

血行不良を解消する方法

 

青クマができる人の多くが冷え性に悩まされていることからも、全身の血行が悪くなっていることがわかります。

 

血行を改善する方法としては、入浴はシャワーだけで済ませないでしっかり湯船に浸かることが基本です。

 

さらに、寝る前にストレッチをして、全身の筋肉を解すとより効果的です。とくに、足首、股関節、手首、肩甲骨は丁寧にほぐして下さい。

青クマを消す方法はこれ!コンシーラーで隠せない青クマ退治はこれ

 

足首は両足を伸ばして座り、つま先をできるだけ大きく回します。

 

股関節を回す方法はいろいろありますが、もっとも簡単なのは仰向けに寝て、片足を垂直に上げ、かかとで円を描くように回すことです。お尻がズレないように注意して下さいね。

 

肩甲骨の回し方は、両手の指先を肩にのせ、肘で円を描くように回します。

 

手首は振るだけでも良いのですが、たまごを持つように手を軽く握り、肘を動かさないように注意しながら回すとよくほぐれます。

 

いずれも、左回し、右回しと必ず両方向に回すようにして下さい。5回から10回やればいいでしょう。

 

最後にゆっくり首を回して終了です。

 

全身の関節をほぐすとよく眠れますから、目の疲れはもちろんのこと、体の疲れそのものが取れますのでおすすめです。

 

体をほぐすことで、リンパの流れが良くなり、血行促進が期待できます。

 

さらに、美容成分としてビタミンkは、皮膚に塗ることでその部分の血行を良くします。即効性がありますので、ビタミンkを配合したアイクリームを使うと数日で目の下の血行が改善します。

 

皮膚の薄さを解消する方法

 

生まれつきの皮膚の薄さを改善するのは非常に難しいことです。

 

コラーゲンを配合した化粧品はたくさんありますが、ナノ化したコラーゲンを塗っても一時的に効果を感じるだけで根本的な解決にはなりません。コラーゲンは繊維質でできていますが、ナノ化したコラーゲンはその繊維を破壊して肌に浸透するように作られているからです。

青クマを消す方法はこれ!コンシーラーで隠せない青クマ退治はこれ

 

また、コラーゲンが豊富なすっぽんや水炊きなど、食べることでコラーゲンを増やす方法もあります。ただし、目の下の皮膚に届くのは食べたコラーゲンのごくごく一部なので、余り効率の良い方法とは言えません。また、毎日コラーゲンを摂るために、鳥の皮やすっぽんを食べるのも辛いですね^^;

 

コラーゲンはサプリやドリンクで摂ることも可能ですが、コストがかかります。

 

青クマに有効なアイクリームを使う

 

オススメは、皮膚内部に働いてコラーゲンの生成をうながすMGAという成分を配合した化粧品を使うことです。

 

MGAというのは、ビタミンC誘導体の一種で、新型ビタミンC誘導体とも言われる美容成分です。ビタミンC誘導体は皮膚に吸収されてからビタミンCに還元される成分です。

 

ビタミンCには、美白効果があると同時に、皮膚内部のコラーゲンの生成をうながす働きもあります。にも関わらず非常に不安定なために化粧品に配合することが不可能だと言われていました。ビタミンC誘導体はとても安定した成分で、皮膚の中でビタミンCに還元されるために化粧品に多く使われています。

 

MGAは、そんなビタミンC誘導体の中でもひときわビタミンCの還元力に優れ、コラーゲンを生成する量も通常のビタミンC誘導体よりも優れています。

 

さらに、ハイドロキノンをしのぐ美白効果が期待される成分でもあります。ハイドロキノンは、紫外線に反応する副作用も報告されていますが、ビタミンC誘導体にはそんな副作用もなく、安心して使うことができます。

 

自信を持ってオススメするアイクリーム

 

このように見ていくと、青クマを消すためには、ビタミンkとMGAが必要なことがわかります。

 

ビタミンkを配合したクリームは他にもありますが、ビタミンkとMGA両方を配合したものはアイキララだけです。

青クマを消す方法はこれ!コンシーラーで隠せない青クマ退治はこれ

 

化粧品というのは、発売前にモニター試験をするのですが、アイキララはモニターの80%以上が満足したほどの商品で、モンドセレクション金賞も受賞しています。厳選された有効成分の働きによる効果の高さと、驚くほどの即効性があることから発売後すぐに売り切れてしまうほどの人気商品です。

 

今は、製造も追いつきだいぶ落ち着いてきましたが、たまに売り切れていることがあるようです。気に入らないという理由だけでも返品できる全額返金保証もついているので試すのに躊躇がいりません。

 

眼精疲労を改善し、ストレッチで血流を改善しながら、アイキララを使用することが最短、最善の策と言えます。

 

血流改善とコラーゲンの生成を促し、青クマを消すアイキララのレビュー