紫外線に注意!紫外線はシミだけでなくクマの原因にもなります!

紫外線の肌への影響

子供の肌は、紫外線を浴びて日焼けしてもシミやクスミ、もちろんシワにもなりません。

 

これは、子供の肌には、肌を守るためのメラニンができても、役割を終えると細かく分解して排出できる機能が備わっているからです。

 

大人になるにつれて、この機能は働きが弱まって行きます。

 

そのために、大人の肌は紫外線の影響を受けやすく、シミやくすみ、そしてシワができやすくなるのです。

 

目元の皮膚も例外ではありません。

 

むしろ、目元の皮膚は角質層が非常に薄く、肌のバリア機能も強くないので紫外線の影響を受けやすいのです。

 

紫外線を浴びた肌に起きること

 

紫外線と目元のクマの関係説明用空の写真

 

紫外線には種類がありますが、地上に届くのはUVA、UVBです。

 

その紫外線の約95%はUVAです。

 

UVAの特徴は波長が長いことで、そのために雲やガラスを通過することができてしまうんです。

 

長い波長のUVAは、私達の皮膚に届いたときも、真皮層にまで届いてしまいます。

 

真皮層に届いたUVAは、コラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。

 

そして、肌を守るために作られたメラニンを酸化させてしまう・・・これがシミの原因となります。

 

それなのに、UVAに注意するように言われるようになったのは、比較的最近なんですよね。

 

美肌を求める人には、とても怖いものですが、エネルギー的に見るとあまり強くないのです。

 

だから、日焼けサロンで使われているのも、このUVAが多いのだそうです。

 

小麦色の肌は健康そうに見えますが、実はカサカサ、シワやたるみの原因になるんですよ。

 

今は美白ブームですから、日焼けサロンで焼こうという人は余りいないと思いますが、以前は健康的に見せるために行く人が多かったですね。

 

UVBは表皮にダメージを与える

 

UVAが肌の奥深く、真皮にまで届くことが分かりました。

 

それでは、UVBはどうでしょうか?

 

UVBは、肌の一番外側にある表皮にダメージを与えます。

 

表皮の一番上は角質層ですから、角質層がダメージをうけることで肌のバリア機能が低下します。

 

さらに、UVBはターンオーバーの周期を乱してしまいます。

 

そのために、角質層が分厚くなり、肌はゴワゴワして、くすんできます。

 

肌のターンオーバーが乱れた証拠ですね。

 

日焼けした肌がカサカサになるのはこういうことです。

 

UVBの影響で、肌のバリア機能が損なわれると、肌内部の水分の蒸発を防ぐことができにくくなりますから、肌は乾燥して乾燥性敏感肌になってしまいます。

 

目元の皮膚は薄いので、非常に早く影響が現れます。

 

乾燥性の小ジワができ、色素沈着が原因の茶クマ、そして、皮膚のたるみによって黒クマもできやすくなります。

 

非常に怖いUVBですが、救いはガラスを通ることはできないことです。

 

ですから、日傘だけじゃなくてサングラスも使うようにするといいですね。

 

UVBはシワやシミの原因になるだけではなく、白内障や皮膚がんの原因にもなりますから、しっかりと防いで下さいね。

 

紫外線を浴びてしまったら

 

朝は日焼け止めを塗って外出したけれど、思いがけず長時間外で過ごしてしまい、日焼けするほど紫外線を浴びてしまった!なんてことも、本当はあってはいけないけど・・・ありますよね^^;

 

そんなときの対処法もありますよ。

 

まず、帰ったらゆっくりと湯船に浸かり、しっかりからだを温めるのです。

 

からだを温めることで循環が良くなって、肌の再生スピードもあがります。

 

さらに、スキンケアはいつも以上に念入りに!

 

肌が乾燥しやすくなっていますから、十二分に保湿するように心がけて下さい。

 

日焼け止めを塗るときの注意

 

日焼け止めは、できれば年中使って頂きたいのですが、少なくとも春以降は、必ず使うようにして下さいね。

 

去年の日焼け止めが残っているからと言って、そのまま今年も使うのは危険があります。

 

しばらく放置したことで、日焼け止めの中に菌が繁殖している危険があるからです。

 

まずは、古い日焼け止めは処分して、新しい日焼け止めを購入しましょう!

 

使う量は、それぞれの説明を読んで下さいね。

 

使う量が半分だと、紫外線を防ぐ効果も半分になってしまいます。

 

ケチらず、キチンと決められた量を守りましょう!

 

日焼けを防ぐメイク方法

 

メイク方法という程ではありませんが、ファンデーションを選ぶときにはパウダータイプがおすすめです。

 

パウダータイプのファンデーションは、光を乱反射させて肌に直接触れないように作られているからです。

 

とはいえ、今ではリキッドタイプやクリームタイプのファンデーションも、UV効果のあるものが多く出ていますから、もし使うなら、しっかりUVカットしてくれるのかをちゃんと調べて使いましょう。

 

日焼け止めやUV効果のあるファンデーションを使っても、塗りムラがあったり、汗で落ちてしまったら意味がありません。

 

そういういみでもパウダータイプのファンデーションならお化粧直しが簡単でいいですね。

 

できてしまったクマの消し方

 

これからのクマやシワ、シミを増やさない方法を書いてきました。

 

それじゃ、できてしまったクマやしみ、シワはどうすればいいの?

 

代謝を高めるのが有効なのは、予防と同じです。

 

からだの代謝を高めると同時に、目元の皮膚の代謝も高める必要がありますね。

 

かと言って、唐辛子の成分であるカプサイシンが入ったものは恐ろしくて目元の皮膚には使えません。

 

ビタミンKは速攻で血行を良くすることが確認されています。

 

目元の皮膚の代謝を良くしてターンオーバーの周期を整えるのです。

 

⇒ビタミンKを配合したアイクリームでクマを消す