1日たった2分でクマを根本から消す方法【目を酷使する人のクマ】

1日たった2分でクマを根本から消す方法【目を酷使する人のクマ】

 

このサイトでは、この子グマの成長の様子を書いているのではなく、人間の目の下のクマを消す方法を書いています1日たった2分でクマを根本から消す方法【目を酷使する人のクマ】

 

パソコンやスマホで目を酷使してひどくなったクマを消す

 

パソコンやスマホを使わない日ってありますか?

 

ずっとモニターを見ていた目をギューっと閉じてみると、じわ~っと目がうるおうのがわかります。あ~、目を酷使しているんだなーと思いますね。

パソコンを使って目を酷使してできたクマ

 

こんなに目が疲れているんですもの、クマもひどくなるハズ・・・パソコンやスマホを使わない生活なんて考えられないけど、クマはいらない!すぐにも消してしまいたい。

 

クマがあるってだけで、どれだけ老けて見られることでしょう。どうかすると、10歳くらい年上に見られてしまいます。それに、遊んでいるんじゃないかとか、いろんな憶測もされてイヤな思いをすることもあります。

 

パソコンやスマホで目を酷使してできたクマをファンデーションで消したい

メイクで隠そうと、コンシーラーを使ってもキレイに見えるのは午前中だけ!午後にはファンデがヨレてしまうし、夕方には消したはずのクマが丸見えになってるし・・・

 

このサイトでは、そんなクマの悩みを一気に解消する方法を書いています。

 

クマって消せるんです!

 

青クマ、茶クマ、黒クマの見分け方、原因、根本から消す方法まで、ぜ~んぶまとめて公開しちゃいます。

 

もうクマなんかで悩まない、コンシーラーもいらない。

 

エステに行っても消えなかった目の下のクマが、きれいサッパリ消えてしまいます。それも、朝晩1分だけ、1日にたった2分あればいいんです!

 

 

自宅でできるクマの消し方もたくさん紹介しています。さらに、目に見える効果が早ければ2週間で得られるのに、お手頃価格のアイクリームも紹介しています。

 

クマは小手先の対処で消すことはできません。たとえ、消えたように見えても、しばらくすると再発してしまいます。

 

本気でクマを消すためには、クマの根本原因を知って適切な対処をすることです。そうすれば、クマを根本から消すことができます!

 

このサイトでは、今、最も注目され、蛯原英里さんも愛用しているアイクリームもご紹介していますので参考にして下さい。

 

医学誌に載ったアイキララ

 

 

クマを根本から消すアイクリーム

 

目の下のクマの原因は疲労や寝不足?

 

目の下のクマといえば、ひどく疲れているとか睡眠不足が原因だと思ってしまいますね?

 

でも、睡眠を充分に取って疲労感は感じていないのにクマが目立つということが良くあります。それは、クマの原因が疲労や睡眠不足だけではないからです。

 

現代人はパソコンやスマホで目を酷使してしますね?眼精疲労も目下にクマができる原因になります。

 

他にも多くの原因がありますので、クマの種類とともに、できる原因について説明します。

 

自分のクマの種類を知ろう

 

クマには青クマ、茶クマ、黒クマの3種類があります。これは、クマの色で分類しているのですが、実際には原因も解消方法も全く異なります

 

自分ではなかなか見分けにくく、茶クマだと思っていたら黒クマだったということも良くあります。

 

ここでは、クマの見分け方を説明します。

 

クマの種類を見分ける方法

 

青クマの見分け方
目の下の皮膚をあっかんべーをするように、軽く引っ張ってみて下さい。そのときに、クマが消えるようでしたら、あなたのくまの種類は青クマです。⇒青クマの原因と解消法

1日たった2分でクマを根本から消す方法【目を酷使する人のクマ】

 

茶クマの見分け方
目の下の皮膚を引っ張ったり、鏡を見る角度を変えたりしても変化がないのは茶クマです。⇒茶クマの原因と解消法

 

黒クマの見分け方
鏡を顔よりも上に持って見上げてみて下さい。これで消えるのが黒クマです。下から光を当てても消えてしまいます。⇒黒クマの原因と解消法

 

 

どんなクマも根本から消すアイクリーム

 

 

青クマの原因と解消法

 

血液は赤いはずなのに、どうして青黒く見えるのでしょうか?

 

血流が悪くなって血液中の酸素量が減ると、血液は青赤く見えるのです。この血管が皮膚を通して透けると青黒く見えます。ですから、青クマを解消するためには血流を良くする必要があります。

 

こちらでは、青クマを消すために有効な目の下の血流を良くする方法を紹介します。

 

ホットアイマスクやホットタオルで目を温める

 

ホットタオルで目を温める

ドラッグストアで使い捨てのホットアイマスクを売っていますが、自宅でできるホットタオルでも構いません。

 

ホットタオルの場合は、電子レンジで40度程度にあたためて目の上に乗せて温めます。

 

眼球があたたまるまで続けると眼精疲労も解消しますので、より効果的です。

 

ただし、注意しなければいけないのは、ホットアイマスクやホットタオルで目を温めたあとは、お風呂あがりと同じように毛穴が開いてしまうことです。

 

皮膚がとても乾燥しやすい状態ですので、乳液やクリームなどをたっぷりつけて充分に保湿して下さい。保湿しないでいると、クマどころか、小ジワが増えてしまいます。

 

リンパマッサージで目の下の血液やリンパの流れを良くする

 

青クマを消すために目の下のリンパマッサージをする方法

マッサージをするときには、マッサージ用のクリームをたっぷり使います。クリームが足りなくて皮膚をこすると茶クマや黒クマの原因になるので気をつけて下さい。

 

【青クマを消すマッサージの方法】
1.左右同時に行います。目尻に人差し指、中指、薬指の腹をあてて、目の下の骨格に添って目頭まで移動します。目頭のくぼみまで来たら、中指の腹を使って気持ち良い程度の圧力で押さえます。

 

2.そのまま目の上がわを骨格に添って目尻までなぞります。今度はこめかみを中指の腹で押さえます。

 

3.次に、目の下を目頭から目尻に向けて、中指と薬指の腹でやさしく抑えながら移動します。

 

4.最後にこめかみを押さえ、そのまま耳の後ろまでさすり、首筋を通って鎖骨のくぼみにあるリンパ節まで行きます。こうすることで、リンパにそって老廃物を流すことができます。

 

5.1~4を3回から5回ほど繰り返します。

 

ストレッチや入浴で血液のめぐりを良くする

 

血の巡りを良くして青クマを消す方法

青クマができる方は血流が滞っているので、ストレッチや入浴で身体を温めてめぐりを良くすることで青クマが薄くなります。

 

ストレッチをするときには、肩や首周りを特に念入りに行なって下さい。

 

入浴は浴槽に浸かり、全身のめぐりを良くすることで冷え性そのものを解消します。

 

生姜湯や梅醤番茶などを飲んで身体を温めることも、青クマを解消するのを助けます。

 

冷たい飲み物や食べ物は控える

 

青クマは、冷え性の人にできやすいクマです。冷たい飲み物や食べ物は控えましょう。熱い日に熱い飲み物を飲みたくないときには、室温程度にさましたものにして下さい。

 

しょうが紅茶や梅醤番茶は身体を温める働きがありますので、積極的に取り入れたいですね。

 

血の巡りを良くする食材を摂る

 

ビタミンEには、強烈な抗酸化作用があり、全身の血行を良くする働きがあります。ビタミンEを多く含む食品はアーモンドなどのナッツ類、オリーブオイルやひまわり油、モロヘイヤ、うなぎの蒲焼などです。

 

オメガ3脂肪酸も血の巡りを良くします。オメガ3を多く含む食品は、青魚、エゴマ油、亜麻仁油などです。

 

鉄分は血行を良くする働き自体はありませんが、ヘモグロビンを増やしますので、だるさや疲れやすさを解消します。鉄分を多く含む食品は、レバーを始め、しじみやアサリなどの魚介類やひじきなどの海藻類などです。

 

軽い運動をする

 

軽い運動をして、血行促進することも効果があります。ふくらはぎは第2の心臓とも言われ、動かすことで血行を促進し、むくみ解消にもなります。

 

ときどき立ち上がって、かかとを上げたり下げたりするだけでも効果があります。

 

ビタミンkを配合したアイクリームを使用する

 

ビタミンkで青クマを消す

ビタミンKは皮膚に塗布することで、血栓を取り除き血液をサラサラにする働きがあります。

 

ですから、ビタミンKを配合したアイクリームを使用することで皮下の血流がよくなります。ビタミンKには即効性がありますので、青クマはすぐに消えてしまいます。

 

このサイトで紹介しているアイキララには、ビタミンKをたっぷり含んだKコンプレックスという美容成分が配合されています。

 

実際にアイキララを購入して使ったときの様子はこちらに書いています

 

クマが消えるまでの間、隠しながらケアできるコンシーラーはこちらに口コミを書いています⇒アイプリンを実際に使った口コミ

 

茶クマの原因と解消法

 

茶クマは目の下の皮膚に色素沈着が起きている状態で、シミやくすみが目の下にあるために茶クマになっている場合もあります。

 

原因は、紫外線やこする刺激によって、活性酸素が発生しメラニンを生成してしまうことです。さらに、敏感肌の方はバリア機能が弱まっているので、継続的に刺激を受けてしまいますので、色素沈着が定着してしまいます。

 

洗顔時の刺激を避ける

 

洗顔時にこすると肌を刺激して茶クマの原因になる

多いのは、強いクレンジング剤を使ってゴシゴシこすり、さらに、石鹸を余り泡立てずにゴシゴシ洗うことです。これらは最も刺激が強く、茶クマの原因となります。

 

アイメイクは、ポイントメイクリムーバーを使って優しく落として下さい。

 

石鹸は洗顔ネットを使って、弾力のあるキメの細かい泡を作ります。

 

弾力のある泡を、手と皮膚の間で優しく転がすように洗います。手で直接皮膚を触れないように注意しましょう。

 

こうすることで、洗顔時に肌をこする刺激を避けることができます。

 

【注意】
モコモコ泡が良いと知られるようになって、多くのメーカーがモコモコ泡が作れる石鹸を販売しています。

 

しかし、ブームに乗っているだけで、肌に良くないものもたくさん作られています。

 

安い減量に発泡剤を多く配合してモコモコ泡を作れるようにしたものや、泡ばかりが立って洗浄力がないので、強い洗浄剤を足したものなど劣悪な商品も多く出回っています。

 

キチンと汚れが落ちているか、洗いあがりがツルツルし過ぎないかなど、ご自分で確かめて肌にやさしい石鹸を選んで下さい。

 

洗顔後はしっかりと保湿する

 

敏感肌の方が乾燥肌でもあることが多いのは、バリア機能が損なわれ、肌内部の水分が蒸発してしまうためです。

 

たっぷりの化粧水で水分を充分に与えた後は、油分の入った乳液やクリームを塗って油膜を作り肌を守ります。

 

角質層が油膜に守られることでバリア機能の回復が早まります。

 

美白化粧品を使用する

 

茶クマの原因は色素沈着なので、美白化粧品を使うことが有効です。

 

美白成分には気をつけなければなりません。例えば、医療機関でも使われるハイドロキノンには、紫外線があたるとシミになるという副作用があります。

 

ハイドロキノンを配合した美白化粧品を使う場合には、朝の使用は避けて、さらに、日焼け止めを使うようにして下さい。

 

その他の美白成分としては、ビタミンC誘導体やプラセンタなどがあります。アイキララに配合されているMGAというビタミンC誘導体は、ハイドロキノンと同等かそれ以上の美白作用があります。さらに、副作用の心配がありませんので、理想的な成分です。

 

さらにアイキララには「ハロキシル」という、フランスで開発された美容成分を配合しています。ハロキシルは目元専用に開発された美容成分で、目の消しゴムとも言われるほどです。

 

ハロキシル配合のアイキララについてはこちらから書いています。

 

クマが消えるまでの間、隠しながらケアできるコンシーラーはこちらに口コミを書いています⇒アイプリンを実際に使った口コミ

 

 

黒クマの原因と解消法

 

黒クマはその多くが加齢が原因です。加齢により皮膚が薄くなる「皮膚痩せ」または、「皮膚の菲薄化」が黒クマの一番の原因です。

 

他には、眼窩脂肪(がんかしぼう)という眼球の周りの脂肪が、眼輪筋の衰えによって目の前方に押し出され、皮膚痩せが進んでハリを失った皮膚がそれを支えきれずにたるんでしまった状態です。

 

これらの現象によって、目の下に影ができてしまったものを黒クマと呼んでいます。黒クマは影クマとも言われるのはこういう理由からです。

 

下まぶたのストレッチ

 

下まぶたのたるみを解消する方法として、下まぶたのストレッチがあります。

 

私たちは目を閉じるときに、本来なら上下のまぶたが動いているはずですが、下まぶたの筋肉が弱ってくると上まぶただけで目を閉じるようになります。すると、下まぶたの筋肉にサボりぐせがついて、ますますたるみがひどくなるのです。

 

下まぶたが動いているかどうか試す方法は簡単です。

 

鏡を見ながら、どちらかの目の目頭と目尻を人差し指と中指の先で軽く抑えて下さい。その状態で鏡を見ながら、ゆっくりと目を閉じてみます。

 

このときに下まぶたが動いていなければ、すでに下まぶたの筋肉が衰えています。

 

下まぶたの筋肉を鍛えるには、今チェックした方法と同じようにしながら、目を閉じるときに反対の手の人差し指で、軽く下まぶたを抑えて動かすようにします。毎日5~10回ほど繰り返すことで下まぶたの筋肉が鍛えられ、たるみが軽くなります。

 

黒クマの解消方法

 

これまで黒クマを自宅で解消することはできないと言われてきました。そのために、黒クマを消すためには美容皮膚科の手術を受けるしかなかったのです。

 

しかし、皮膚痩せに着目したアイキララは黒クマに充分な効果を発揮します。

 

それは、ビタミンC誘導体が皮膚のコラーゲンを増やす働きに着目しているからです。

 

アイキララに配合されているMGAは、浸透力にすぐれ、さらに、ビタミンC還元率も従来のビタミンC誘導体よりも格段に高いので、効率的にコラーゲンを増やす事ができます。

 

クマを予防する方法

 

ここまで、クマの種類と原因、解消法を書いてきました。

 

クマはできてしまったら消すのは消すのにそれなりの時間を要します。普段から疲労をためないようにしたいですね。

 

最も影響が出るのは眼精疲労と肩こりですから、スマホやパソコンを使うときにはときどき遠くを見るなどして、目をいたわって下さい。とくに、スマホは下を向いて使いますから、顔全体のたるみにもつながりますから注意が必要です。

 

今あるクマを消し、再発させないためにはアイクリームを使用する必要があります。

 

アイキララは、消したいクマの種類を選びません。それぞれのクマに有効な、ビタミンk、ハロキシル、新型ビタミンC誘導体(MGA)、この3つの成分が互いに高め合い、最大限の効果を発揮できるように配合されています。

 

 

すべてのクマを消すアイキララ

 

クマを消すために有効な食べ物

 

青クマ、茶クマ、黒クマ、全てのクマを消すために有効なのは、酸化、糖化をふせぎ、代謝を改善する食べ物です。

 

酸化とは、体内で発生した活性酸素が細胞を傷つけ、サビさせる現象です。

細胞が酸化することで、肌はハリや弾力を失いシワやたるみの原因となりますので、茶クマや黒クマが出現しやすくなります。

 

抗酸化作用のあるポリフェノールやカルチノイドなどを積極的に摂ることです。

 

ポリフェノールを多く含む食品はたくさんありますが、日本茶やココア、チョコレート(カカオ分の多いもの)などが摂りやすいですね。

 

カルチノイドは、ほうれん草やニンジンなどに含まれるβカロテンや、エビやサーモンなどの赤い色素であるアスタキサンチンです。

 

糖化とは、余分な糖分がタンパク質と結びついて老化物質を作り出すことで、からだの「こげ」と言われます。

 

糖化は、黄ぐすみやくすみの原因となり、さらに、ハリや弾力も損なわれます。

 

糖化は血糖値の上昇を抑えることで防げます。血糖値の上昇を抑えるには「低GI値」の食品を摂ることです。

 

低GI値の食品は、葉物野菜やきのこ類、海藻類です。

 

じゃがいもはGI値が高いのですが、さつまいもはGI値が低く、うどんよりもそばの方が低くなっています。

 

血糖値の上昇を抑える食べ方は、最初に食物繊維を多く含む野菜類を食べることです。

 

低GI値ダイエットや食べる順番ダイエットは、いずれも糖尿病の方に勧められる食事方法ですが、それはそのまま血糖値の上昇を抑えるので、糖化を防ぐことができます。

 

代謝が悪くなると、青クマの原因になるばかりでなく、茶クマや黒クマの原因にもなります。

 

新陳代謝が落ちることで、肌のターンオーバーの周期も遅くなります。そのために、メラニンの排出が遅くなりますので、茶クマの原因となります。

 

さらに、角質層が厚くなりますから、肌が弾力を失い、硬くなった肌には影が出来やすく黒クマの原因となります。

 

代謝を上げる食品の代表的なものとしてはショウガが上げられます。

 

ショウガは20分以上加熱するとショウガオールという物質が作られます。

 

このジンゲロールはからだを芯から温めますので、代謝を上げるのに有効です。

 

トマトや玉ねぎはめぐりを良くしますので、結果的に代謝があがります。

 

酸化、糖化を防ぎ代謝を上げることでクマを消すまでの期間を短くすることができますので、ぜひ毎日の食事に取り入れて下さい。

クマを消すメイク方法

クマは根本から消したいし、消すことができます。

 

しかし、消えるまでの間はメイクで隠すことが必要ですね?

 

ここでは、クマを消すメイクについて書いていきたいと思います。

 

クマを消すコンシーラーの選び方

 

通常はクマをメイクで消すにはコンシーラーを使いますよね?

 

どんなクマでも言えることですが、クマを消すメイクにはリキッドタイプがオススメです。

 

リキッドタイプなら柔らかいので、繊細な目元の皮膚に負担をかけずにつけることができます。

 

スティックタイプでも使えなくはないのですが・・・その場合は薬指の腹につけて、軽く叩くようにしてつけて下さい。

 

 

クマを消すためにコントロールカラーを使う

 

自然にクマを消すにはコントロールカラーがオススメです。

 

コントロールカラーは、ファンデーションをつける前に肌の色を均一にするために使うものですから毛穴を目立たなくするなど、肌の粗をかくす働きがあります。

 

コンシーラーに比べて、色もたくさんありますから、自分のクマを消せる色を選ぶことができます。

 

コントロールカラーの色の選び方を説明しますね!

 

色の選び方は、隠したい色の反対色を選ぶことです。

 

クマを消すコントロールカラーを選ぶための色環図

 

こちらは色環といって、3原色から色ができる順番を表しています。

 

円の反対側にある色が反対色です。

 

例えば、青の反対にあるのはオレンジですね?

 

茶色の反対は緑です。

 

つまり、青クマを消すにはオレンジのコントロールカラーを、茶クマには緑のコントロールカラーを使うといいですよーということです。

 

黒クマはどうすればいいの?という声が聞こえそうですね?

 

黒の反対は白ですね?

 

黒クマには薄くハイライトを入れると目立たなくなりますよ♪

 

でも、人間の肌の色はこんな色環では表現できないほど複雑ですよね?

 

それに、青クマと茶クマ、黒クマの違いがそれほどハッキリしていなかったり、複合クマの場合だってあります。

 

そう考えると、たった1本で全てのクマを目立たなくする上に、美容液効果でクマケアまでできるアイプリンが一番理にかなっているように思います。

 

コンシーラーとアイクリームが一つになったアイプリン

 

クマに効くコスメランキング

 

ここまではマッサージやストレッチ、食事など、日々の習慣に取り入れることでクマを消す方法を書いてきました。

 

 

こちらでは、こうした地道な努力を実らせるお手伝いをしてくれるアイテムをランキング形式で紹介したいと思います。

 

アイキララ

目の下の本気ケア・アイキララの特徴

アイキララは、「目の下」に特化して作られたアイショットクリームです。

血流が滞るために発生する青クマ、色素沈着が原因で発生する茶クマ、肌の菲薄化(皮膚やせ)が原因で発生する黒クマなど、あらゆるクマを徹底的に研究し尽くして作られました。

それぞれのクマに有効な成分をぞんぶんに配合しているので、あらゆるクマの悩みに即効性があることが評価され、2016年から3年連続でモンドセレクション金賞を受賞しました!

目の下のクマは3種類ありますが、明確に分類できないこともあり、人によっては茶クマと黒クマが同時に発生することも少なくありません。

そんな複合クマにもキチンと対応することができるのがアイキララなのです。

たった一つのクマ対策に終わらず、どんなクマにも速攻性をもって対応できるアイキララは不動の1位となりました。

価格 2,980円
評価 評価5
備考 全額返金保証つき!

10993

コンシーラー効果+美容液効果のアイプリンの特徴

アイプリンはコンシーラーでありながら、美容液成分で作られていますから昼間のメイク中もクマケアができる画期的なコスメです。 ファンデーションや普通のコンシーラーを目元に使うとよれてしまったり、シワの中にファンデーションやコンシーラーが入り込んで逆に目立ってしまうことがありますが、アイプリンは目元専用に作れれたコンシーラーなので、そんなことがありません。

さらに、クマのために考え抜かれて作られた美容液ですから、使い続けるうちにクマそのものが消えていくのを実感できます。

メイクしながらクマケア♪

こんな画期的な商品は他にありません。

通常のアイクリームは油分が多いためにメイク前の使用を諦めざるを得ないことが多いけれど、アイプリンならそんな心配は無用!

しかも初回は630円と超プチプラ!

2回目以降も3,980円と続けやすい値段設定なのも嬉しいですね!

価格 630円
評価 評価5
備考 初回630円は先着300名様まで!!
10万人が使ったキラリエアイクリームの特徴

発売以来、使用感の良さとお手頃価格もあって口コミで広まり、購入者が10万人を突破した人気のアイクリームです。 目元の皮膚はとても薄いのでアイクリームを塗るときも十分な注意が必要ですが、キラリエアイクリームは、とろけるような柔らかさで浸透も早いなので優しく塗ることができます。 香りはいやし効果のあるシトラス♪ 4種類のペプチド、レチノール、コラーゲンなどの美肌成分が配合されています。 ※レチノールは人によっては赤くなることもある成分なので、4位にしました。 ただし、レチノールで出た赤みは使い続けることで消えていきます。

価格 1,788円
評価 評価4
備考 100日間の返金保証つき!